交通事故治療

交通事故から来院までの流れ

基本的な手順は下記のとおりですが、不明な点がございましたら、でぐち接骨院にお電話をいただくか直接へご来院ください。適切にアドバイスいたします。

1. 事故の発生

車を安全なところに移動し、自分や同乗者、相手車両に乗っている人のケガの状況を確認し、必要ならば救急車を呼びましょう。

2. 警察と保険会社へ連絡

警察と自分の入っている保険会社、相手の保険会社に連絡してください。
しっかりと事故の状況やケガの状況を説明しましょう。
管轄の警察署より交通事故証明書が発行されます。
後に過失割合が重要になってくることがありますので、できる限り詳しく説明しておきましょう。

3. 病院で診断書をもらう

「これくらいなら大丈夫」と思わずに、少しでも症状があれば病院で診断書をもらいましょう。
事故発生から数日以内に診断書をもらっていないと、あとから症状が出た場合に事故との因果関係を証明できない場合があります。
むち打ち症や腰痛は、数日してから症状が出る場合があるので注意しましょう。
病院で診断書をもらう際には、医者に身体の状態を詳しく説明し、ケガをした場所すべての診断書を作成してもらってください。
例えば、首、背中、腰、手首、太ももなど。
最初に診断を受けていない箇所は、後で治療を受けられない可能性があります。

4. 警察への届け出

むち打ち症や身体に痛みがある場合は、診断書を警察に提出し、人身事故にしましょう。
人身事故にしないと、治療を受けられない場合があります。
※症状が軽い場合は便宜的に人身扱いにせずに物損扱いで治療を受けられる場合がありますが、症状が長引く可能性もありますのでなるべく人身扱いにしておきましょう。

5. 加害者の保険会社(場合によっては自分の保険会社)へ連絡

加害者の保険会社へ連絡し、「でぐち接骨院」へ通院することを連絡します。

6. でぐち接骨院へ来院

ご予約を入れていただくと交通事故患者様は予約優先制なので待ち時間なしで受付できます。